都営の賃貸住宅は都が運営しているから安い

公共的なサービスには国が行っているもの、都道府県が行うもの、市区町村が行うもの、その他が行うものなどがあります。国が行うものは全国的なもので、都道府県はその区域内、市区町村においてもその中での独自のサービスになります。サービスの質に関しては、お金をどれだけ使えるかがポイントになるでしょう。国であればたくさんのお金が使えますから大規模になります。市区町村だと、どうしても限られたサービスしか行えません。

都道府県はそれなりの規模でサービスを行えます。しかし、それぞれの財政は違います。発展しているように見えて財政が厳しいところもありますし、非常に潤っているところもあります。潤っている都道府県の一つに東京都があるでしょう。多くの企業があり、多くの人が住んでいます。それらの企業や人の税金が集まりやすくなっています。都営の賃貸住宅が非常に安く提供されることがありますが、その一つには東京都の状態があるのです。

その代わり利用者に関しても限定があります。東京都民でないと利用できないとあります。都民として税金を払っていないといけないのでしょう。住みたいのであれば、予め東京都で住むようにしていないといけないのです。


Copyright(c) 2017 賃貸物件は空室期間の長さがポイント All Rights Reserved.