賃貸アパートのガス供給

賃貸アパートを探す場合、ガス供給システムによって毎月の料金に差が出るので、事前にチェックする必要があります。都市ガスのアパートにするのか、プロパンガスのアパートにするのか、あまり気づかないところですが、重要なポイントになります。一般的には同じ使用量とした場合、プロパンガスの料金の方が高いようです。それに、入居時のガス点検の際、保証料として1万円程度支払わなければならない場合がほとんどのようです。それぞれのシステムによって特徴もあるでしょうが、やはり楽なのは都市ガスでしょう。ガスボンベの交換は必要ありませんし、使用量に応じた料金が明確だからです。

しかし、現状は物件の立地条件や間取り、家賃などで判断することが多く、ガス供給システムにまで考えが及ばないものです。入居してみて初めて光熱費についての高低に気づくのです。日常生活においてプロパンガスに何ら支障はありませんが、都市ガスのアパートからプロパンガスのアパートに引っ越した時に、料金の違いに驚くのではないでしょうか。不動産仲介業者の方でも、プロパンの物件は費用が若干高いことと、入居時にプロパンガス保証料が発生する可能性があることを伝えてくれます。気に入った物件ならやむを得ないと思うのが現状だとは思います。


Copyright(c) 2017 賃貸物件は空室期間の長さがポイント All Rights Reserved.