賃貸人の話は参考程度

賃貸を借りたいと思ったら慎重になった方がいいです。ただし安い物件でしたらあまり贅沢を言わない様にします。不動産屋ではお客様の要望を聞いて、それに合った物件を紹介してくれます。じっくり腰を落ち着けて話す機会を設けて下さい。一度伝えていたら覚えてくれていると思います。前もって準備する気持ちを持つ様にしたらいいです。保証人がいなくても借りられる物件はあります。あまり心配しないで下さい。きっといい部屋が借りられます。

部屋の中は気になると思いますが、多少日当りがよくなくても家賃が安かったらいいと思います。下肢に障害がある人は階段があれば気をつけて上り下りします。連れて行ってくれた人の言う事はあまり聞かないでいいです。自分の目でじっくり見る事が大切です。分からない事だけスタッフに聞いて下さい。丁寧に教えてくれると思います。連れて行ってくれたスタッフの対応もよく見た方がいいです。

部屋の中の事が気になりますが、環境もある程度見ておく様にします。駅までの距離は自分の脚で歩いた方がいいです。近くに公園がある方が気持ちが落ち着くと思います。適当な運動も出来るからです。障害を持っている人は無料で使えるスポーツセンターもあります。


Copyright(c) 2017 賃貸物件は空室期間の長さがポイント All Rights Reserved.