賃貸探しはマナーを守って要領良く

賃貸の部屋を探すとなると、仲介する不動産屋さんのお世話にならなければいけません。入居させてくれるかどうかは家主さんが決めることですが、仲介業者とも上手く付き合わないと良い部屋を紹介してもらえません。確かにこちらは客なので必要以上に下手に出ることはありませんが、横柄な態度、失礼な言動をしていると、相手も人間ですから、後回しにされたり良い物件を紹介してもらえなかったりするかもしれません。マナーを守りつつ、こちらの希望は要領良く伝える、これが良い物件を紹介してもらえるコツです。

まずは問い合わせですが、いきなり訪問するよりもまずは電話をしてみることをお勧めします。いきなり訪問するということは、言ってみれば相手とアウェイで対峙することになります。相手のペースに引き込まれる可能性があります。不動産会社はたくさんありますので、電話で対応が良ければ行く、ということでよろしいと思います。電話では、具体的に気になる賃貸物件があるならその物件の詳細について、気になる物件がなければ希望を伝えて良い賃貸物件があるかどうか聞いてみると良いでしょう。その際、冷やかしと思われないように、きちんと条件を伝えることが大切です。名前も連絡先も告げず、希望条件も曖昧であれば、相手が本気にしなくても無理はありません。


Copyright(c) 2017 賃貸物件は空室期間の長さがポイント All Rights Reserved.