賃貸をシェアするスタイル

一人で賃貸暮らしをするとなると、家賃の問題もありワンルームか1Kを選ぶ人が多いと思いますが、単身者用の賃貸物件ではあまり設備が充実していないことが多いです。キッチンも狭く、自炊中心の生活をしようと思ったら少々厳しいでしょう。設備が充実している間取りとなると2LDKや3LDKになりますが、一人で住むには広すぎますし、家賃も高額になります。そこでルームシェアというスタイルを選択する人が増えています。友人や親族と同居して家賃を折半し、設備が充実したファミリータイプの賃貸に住むわけです。何人かで住めば家賃だけでなく光熱費や通信費の負担も減ります。

最近シェアハウスなる物件も多いですが、ルームシェアとシェアハウスは似て非なるものです。ルームシェアはあくまでも普通の賃貸の1室を2人以上で借りるというスタイルですが、シェアハウスはもともとトイレや風呂やキッチンを共同で使用する、つまり他人同士が共同生活をする前提で建てられた賃貸です。入居者同士は他人で、共同生活者を選べないのが特徴です。それぞれにメリット、デメリットがありますが、ある程度自由でプライバシーを尊重したい人はルームシェア、プライベートでも多くの人と交流を持ちたい人はシェアハウスが向いていると思います。


Copyright(c) 2017 賃貸物件は空室期間の長さがポイント All Rights Reserved.