ビジネスホテルで簡単料理

出張が多いと、その土地の美味しいものを同伴の人や相手先の会社の方と食べに行く機会も多いですね。外食も楽しく楽でいいのですが、費用もかかりますし栄養も偏りがちです。コンビニ弁当!?手軽ですが、健康管理が気になりますね。
宿泊先は旅館やホテルと違い、出張の場合ビジネスホテルが多いのではないでしょうか?キッチンや調理用具がない中で、いかに工夫して料理ができるか考えるのは、意外と楽しいものです。包丁やまな板がなくても、キッチンばさみがあれば、カットは簡単にできます。お鍋やコンロがなくても、ミニ炊飯器やミニホットプレートがあれば、簡易の調理が可能です。ミニ炊飯器で炊き込みご飯をしたり、ご飯を炊くついでに野菜や肉を蒸すこともできるから、慣れれば簡単に何品か作れそうですね。

出張と健康管理

出張が多いビジネスマンにとって、健康管理は大きな課題です。ついつい、接待があるから、面倒だからといって、外食、コンビニ弁当など偏った食事をしてしまいます。それでも、きちんと規則正しく食べられれば良い方です。出張という限られた日程の中で、やるべき仕事、役割が与えられていると、食事を取り損ねることも珍しくありません。そこに疲労が重なれば、健康に良いはずはありません。
長期にわたる出張の場合、特に健康面、健康管理には注意をしたいものです。今は、簡単な調理器具が備わっているホテルもあります。気軽に、ホテルでも作れる料理のレシピを知っていたら、自炊も悪くないものです。自分の食べたい料理、体調に合わせた料理を自分で作って、美味しく食べるのは、案外とストレス発散、気分転換にもなります。疲れているからこそ、食べたい料理を自分の部屋で作るほうが心身の健康には良いですし、出張先の食事も楽しみになります。