賃貸物件は空室期間の長さがポイント

賃貸物件は空室期間の長さがポイント

賃貸物件の中には家賃交渉をしやすい物件というものもあります。全く交渉が出来ないとう物件は逆に殆どありませんので、賃貸物件を借りる際にはとりあえず話をしてみる価値はあります。基本的に家賃交渉をしやすい物件は空室期間が長い物件です。空室になったままというのは貸す側にとっては大変なデメリットがあります。最も大きなデメリットは家賃収入がないということです。また、空室になっていることで、ずっと閉めきった状況であり、空気の入れ替えが行われていないことで建物の劣化を早めることになります。建物は生きていますので、風を入れて換気をしなければカビが発生したり、臭いがこもってしまうこともありますので、出来るだけ空室期間は無い方が良いのです。このようなことから、空室の期間が長い物件は家賃交渉がしやすいのです。

空室期間の長さを確認するのには直接不動産業者に確認をすることが確実です。また、物件の場所に足を運んだ際に水道メーターやガスメーターを確認すると分かります。メーター機器は契約が終了すると、使用を停止した日付を記入した札をメーターにつけます。その日付を見ればどれだけの期間空室になっているかを判断できるでしょう。

関連サイト



Copyright(c) 2016 賃貸物件は空室期間の長さがポイント All Rights Reserved.